ドイツゲームは初めてです!!という方へ

    2022/08/15

    九龍戦術

    2人プレイ専用ゲームです。 お互いに1〜9までの牌を1つずつ持ちます。 奇数は白、偶数は黒となっていて、相手からも分かるようになってます。 お互いに手牌から1枚ずつ伏せて出して、大きい数字を出した方が勝ちです。 ただ、1だけは9に勝つことができる。 1枚選んで、、 ここにセットする。

    続きを見る

    2022/08/07

    フォー

    4種類の形のタイルが4色あります。このセットをお互いに持ちます。 手番では、好きなタイルを1つ選んでテーブルに置いていきます。 制限事項としては、 ・9×9の範囲からはみ出してはいけない。 ・既に置かれているタイルに少なくとも1辺は接するように置かなければならない。 手元のタイルを置けなくなったら負けです。 あと、もう2つ制限があります。

    続きを見る

    2022/07/18

    ナナ

    1から12までのカードが3枚ずつ、合計36枚あります。 よく混ぜて、手札として7枚ずつ配り、残った8枚はテーブルの真ん中に伏せて置きます。(4人プレイの場合) プレイ人数によって配る枚数とかテーブルに伏せて置く枚数が変わります。 手札は、数字順に並べ直します。 何をするのかというと、同じ数字のカード3枚を公開する(見つける)ことを目指します。 ただし、手札の中で1番小さい数字か、あるいは1番大きい数字しか公開できない という制限があります。 例えば、1は手札の中で1番小さい数字なので公開できる。 2枚目の1も公開する。

    続きを見る

    2022/06/05

    バベルの塔
    プレイ記追加しました

    ボード全景、7不思議にまつわる建造物とバベルの塔が描かれています。 8つの建造物にはチップが3枚ずつ置かれます。 チップは4色で、3〜6の数字が書かれています。 プレイヤーは1色選んでコマのセットを持ちます。 柱コマが1つと大きい建物コマ5個、小さい建物コマが15個。 大きい建物コマは小さい建物コマ3つ分です。 チップはその建造物の建設の進み具合を表します。(1段階建設が進むとチップが1枚取り除かれていく) 各プレイヤーの建設コマは、その建造物の建設への貢献度を表します。

    続きを見る

    2022/05/28

    バベルの塔
    名作。そのうちプレ記も追加したいな。

    ボード全景、7不思議にまつわる建造物とバベルの塔が描かれています。 8つの建造物にはチップが3枚ずつ置かれます。 チップは4色で、3〜6の数字が書かれています。 プレイヤーは1色選んでコマのセットを持ちます。 柱コマが1つと大きい建物コマ5個、小さい建物コマが15個。 大きい建物コマは小さい建物コマ3つ分です。 チップはその建造物の建設の進み具合を表します。(1段階建設が進むとチップが1枚取り除かれていく) 各プレイヤーの建設コマは、その建造物の建設への貢献度を表します。

    続きを見る

    2022/05/21

    シャンチー

    中国、ベトナムで主に遊ばれている将棋系のゲームです。 これが初期配置。 囲碁 と同じように、線が交差しているところにコマを置きます。 真ん中の空間は河です。 将棋で言うところの王将にあたるコマが帥(スイ)。もちろんこれを取られたら(詰まされたら)負けです。 帥は上下左右(縦横)に1歩ずつ、帥の両脇のコマ(士)は斜めに1歩ずつ動けます。 さらに、これらのコマは九宮(チュウクン)9マスの外に出ることができない。 次に「相(そう)」

    続きを見る