ドイツゲームは初めてです!!という方へ

    2019/08/25

    バイキングの谷

    ボード全景。樽をピン代わりにボーリングをします。 ピン(樽コマ)は写真の位置に置かれます。 ボーリング玉をボードの角にセットして これ(打ち出し板)を使って 玉を転がします。 倒れた樽と同じ色のチップを桟橋上で進めます。 倒れた樽が赤と緑なので、この2枚を1スペースずつ進めます。

    続きを見る

    2019/08/12

    ごきぶりデュエル
    よく出来てるんだけど、ちょっと惜しい気がする。

    2人用の対戦ゲームです。 ボードの真ん中にゴキブリコマを4つ置きます。 ゴキブリコマはそれぞれ縦に移動します。 4つのうちどれか1つを自分の陣地まで引き寄せることができたら勝ちです。 さて、スタートプレイヤーは下記の4枚のタイルを受け取ります。 良く見て、自陣のマスに伏せて置きます。 相手プレイヤーは、伏せられたタイルの中から1枚選んでオープンにします。

    続きを見る

    2019/07/27

    ラマ

    カードゲームです。 1から6までのカードとラマがそれぞれ8枚ずつあります。 スート(色)はありません。 罰点チップです。白はマイナス1点、黒はマイナス10点で誰かがマイナス40点になったらゲーム終了です。 良くシャッフルして6枚ずつ配ります。 山札の一番上から1枚めくってゲーム開始です。 手番では、カードを1枚出します。 ただし、出せるのは場に出ているカードと同じ数字か1つ大きい数字だけです。

    続きを見る

    2019/07/05

    愚かな牛

    ヒツジ、ブタ、ウマ、ウシの4種類のカードです。 よくシャッフルして9枚ずつ手札として持ちます。 手番が来たらカードを出して、誰かの手札が無くなったら1ラウンド終了です。 出したカードによって次の効果があります。 ヒツジ:特に効果無し ブタ:左隣のプレイヤーは、山札か捨て札(その時プレイされたブタカードは除く)の一番上のカードを取って手札に加える。 ウマ:全員手札から1枚選んで、伏せて左隣のプレイヤーに渡す。(出したプレイヤーの手札が無くなった場合は行わない) ウシ:山札から1枚引いて手札に加える。

    続きを見る

    2019/06/15

    ウェンディゴのこわい話

    子供の絵が描かれたタイルと砂時計です。 コンポーネントはこれで全部。 子供の絵のタイルは、同じ絵が2枚ずつあります。 同じ絵のタイル2枚をめくってみると、1枚は怖い怪物(ウェンディゴ)、もう1枚は子供達が描かれています。 最初に裏が子供達のタイルだけを取り出して、場に適当に並べます。 プレイヤーの中から誰か1人がウェンディゴ役となって、1ラウンドごとに子供を1人ずつ連れ去っていきます。 ウェンディゴ役以外のプレイヤーは、5人の子供が連れ去られる前にウェンディゴの正体を見破ることができれば勝ちです。 ウェンディゴ役のプレイヤーは正体がバレる前に5人の子供を連れ去ることができたら勝ちです。

    続きを見る

    2019/06/09

    ドラゴンパレード

    ボード全景。左右に黄色と赤の繁華街が広がっています。 中央には紫禁城とドラゴン(コマ) カードを6枚ずつ持ちます。 繁華街と同じ赤と黄色の2色で、1〜8まであります。 手番では手札から1枚選んで表にして自分の前に出します。 赤のカードなら赤の繁華街に向かって、黄色のカードなら黄色の方に向かってカードの数字と同じだけドラゴンを動かします。 黄色のエリアと赤のエリアを横断する時、紫禁城も1マスとして数えます。 ドラゴンを動かしたら、自分のコマを1つ好きなマス(数字が書いてあるマス)に置きます。

    続きを見る

    アクセスランキング