ドイツゲームは初めてです!!という方へ

    2019/04/15

    緑の幽霊屋敷

    カードゲームです。 ただ、このゲーム、ルールブックが入っていません。ゲームの箱を開けて、出てくるのはこのカードセットだけ。 カードセットの一番上を見てみると、こんなことが書いてあります。 とりあえず、このカードをめくって裏面を読めと書いてあるのでめくってみる。 なんかルールらしきことが書いてあります。 自分の番が来たら、山札から1枚引くか、手札から1枚選んで自分の前に出せ、と。 最初はもちろん手札なんて持ってないので、山から引くしかない。

    続きを見る

    2019/04/07

    フランチャイズ

    ボード全景、アメリカが舞台です。 各都市には丸いタイルが置かれていて、真ん中の数字は点数です。 ニューヨークとかシカゴなどの大都市は点数が高いです。 中央付近は3〜5点くらいの中堅級の都市が並んでいます。 点数の周りのマスに、各プレイヤーはフランチャイズ店(コマ)を置いていきます。 もちろん他のプレイヤーもどんどん出店してきます。 過半数を占めることができたら、真ん中の点数をもらえます。

    続きを見る

    2019/03/30

    フレッシュフィッシュ新版
    旧版を遊ばせてもらったので追記しました。

    ■旧版をプレイさせてもらったのでちょっと追記 旧版のボード。エリアの区分け等がなくてシンプルな盤面です。 ※プレイ人数によって使用しない部分に濃い緑のタイルを置いています。 旧バージョンでは道路の出来上がり方が新版とは全然違っていて 道路とタイルが置かれていないマスは全て繋がっていなければならない という、ちょっとややこしい?ルールがあります。 つまり、「もし建物が配置されてしまうと上記の条件を満たせなくなる場所」は自動的に道路になります。 例えば、こんな感じ。 吹き出しの位置に建物を配置すると、上の方の4マスが自動的に道路になります。

    続きを見る

    2019/03/22

    サントリーニ

    ゲーム全景。ギリシャのサントリーニ島が舞台です。 自分の労働者コマを建物の3段目に登らせることができたら勝ちです。 労働者コマは1人2つずつ持ちます。 建物コマの構成。 手番では、自分の労働者コマを1つ選んで移動させた後、建設をします。 ■移動 ・縦横斜めで隣接するマスに移動させる(周囲8マス)。 ・2段以上高いところには登れない(2段下に降りることはできる)。

    続きを見る

    2019/03/17

    ブルーラグーン

    ボード全景。島が8個描かれています。 島ごとに得点が書かれています。 4種類のリソーストークン6個ずつと、彫像コマが8個(茶色)。 ボード上のストーンサークルが描かれているマスにランダムに配置します。 各プレイヤーは、1色選んでチップ(開拓者チップ)とコマ(村コマ)を受け取ります。 ※開拓者チップは、2人プレイの時は30枚ずつ(全部) 3人プレイの時は25枚ずつ 4人プレイの時は20枚ずつ使います。 ※村コマはプレイ人数に関係なく5個ずつ使います。 開拓者チップの片面には陸地、もう片面にはボートが描かれています。

    続きを見る

    2019/03/09

    古代ローマの新しいゲーム - スパルタクス
    評価変更します。

    お手軽なカードゲームです 各プレイヤーは色を1つ選んで、1~10とB(計11枚)のカードを受け取ります。 まずスタートプレイヤーが手札から1枚出します それ以降のプレイヤーは、場に出されたカードよりも小さいカードを出していきます。 出したくない or 出せない場合はパスします。 (※パスした場合は一旦ゲームから離脱します) Bカードはいつでも出せます 最も小さい数字カードを出したプレイヤーが、場に出されたカードセットを獲得します

    続きを見る

    アクセスランキング