たっくんのボードゲーム日記

No.352
キャット&チョコレート ビジネス編
Cat & Chocolate Business is Business

プレイ人数:3 - 6
プレイ時間:約30

ルール難易度
簡単!
日本語化
不要・日本語版です


キャット&チョコレートでは幽霊屋敷がテーマでしたが・

今回はビジネスがテーマです

危機カード





ヨハネスブルグに出張命令・・・^^;





アイテムカード




そしてチームカード



なんか、社内研修とかでこのまま使えそうな感じもしますね。





Ryo, Kawakami
プレイ記

イズナさん、YGさん、たっくんの3人プレイ

「手首を掴まれた!このままでは痴漢で捕まる」



アイテム:コーヒー、アリバイ



イズナさん「今こっちの手はコーヒー持ってますから、僕じゃありませんよ」

イズナさん「っていうアリバイを・・・」

なるほど

イズナさん「あなたが掴んだから、コーヒーこぼしちゃったじゃないですか、みたいな」

まあOKかな



「辞めた同僚に仕事を回された、過労で倒れそうだ」



アイテム:チョコレート、船



たっくん「まあ、疲れたときは甘いものですよ。チョコレート」

イズナさん「で、ねこ?」

笑

たっくん「いえいえ、疲れたときは長期休暇取って」

YGさん「あ、逃げた」

たっくん「船でクルージングですよ」


YGさん「アリかな」




「酔って上司に暴言を吐いた、翌日気まずい」



YGさん「愛人を紹介してうやむやにします」



・・・

YGさん「ダメな感じですか?」

イズナさん「上司次第・・かな」


せーの

YGさん「あ、アリだった」

セーフ




「クレーマーがおしかけてくる」



アイテム:契約書、警察官の制服



イズナさん「これ、クレーマーって言うより本職じゃないですかw」

たっくん「分かりました」

たっくん「だって契約書には、ちゃんと書いてあるでしょ?」

たっくん「なんなら警官呼んじゃうよ」

YGさん「おおー、いいじゃないですか」

これは文句なくOK



「発注数を1ケタ間違えた、このままでは大量の在庫だ」



アイテム:夜の顔



イズナさん「来ちゃったものはしょうがない、売りさばかなきゃいけないんで」

イズナさん「この私の夜の顔を使って」

たっくん「これは薬物ですか?www」

YGさん「めちゃめちゃ裏社会の話じゃないですかw」

イズナさん「違法じゃないですよ、でもいろいろなルートを使って売りさばける」

せーの

まあ一応セーフ さっきの愛人よりはいいと思う。






「浮気相手が妊娠した」



アイテム:カードキー、名古屋コーチン



YGさん「まあ、めでたいことなんで」

YGさん「ホテルの部屋取って、カードキーで開けて」

YGさん「名古屋コーチンをごちそうします」

イズナさん「で、そのあとは?(笑」

YGさん「認知とかそういう話になるんですかね」

いや、解決になってない・・^^;





「外資系投資ファンドに会社を乗っ取られそうだ」



アイテム:ゴルフセット



イズナさん「コネがあれば、、どうすりゃいいんだろ」

たっくん「コネってなんでも使えますよね」

イズナさん「ゴルフセットで、その外資の社長を接待するみたいな」

イズナさん「社長、なんでもやりますよ!」

たっくん「外人にたぶんそれ通じないですよ・・^^;」

たっくん「鹿鳴館外交の失敗みたいな。。。」


せーの

YGさん「厳しいと思います。。」

アウト


「ギャンブルで多額の借金を抱えてしまった、次こそ勝つ!」



イズナさん「ぜんぜん懲りてねーじゃねーか(笑」

アイテム:高級外車



たっくん「えーと、ギャンブルはもうやんないです」

たっくん「で、借金に関しては高級外車を売って埋め合わせする」

YGさん「借金はするのに、高級外車は持ってたんですね」

イズナさん「あー、じゃあけっこう金回りは良い感じで」


OK!



評価・・・

本家キャット&チョコレートでさえ、少なからず教育的な側面が漂っていたのだが

テーマをビジネスに置き換えられてしまうと、もはやこれは

完全に会社とかの研修教材ですね^^;

なんかね、こういうシステムなら変に幽霊屋敷とか現実味の無いテーマで来られるよりも
いっそ身近で想像しやすいことを題材にされた方がすっきりしてて良い感じ。

こっちの方が遊びやすいと思う。


これが果たしてゲームなのかどうかは、相変わらず微妙だけど
真面目に教育の場とか研修とかで取り入れても全然違和感なく有益に使えると思う。

「学校編」とか作ってみてもいいんじゃないかなぁ?

2013/02/27


JohnnyBet



レビュー一覧へ


たっくんのボードゲーム日記