たっくんのボードゲーム日記

No.322
ラブレター
Love Letter

プレイ人数:2 - 4
プレイ時間:約5

ルール難易度
簡単!
日本語化
日本語版です


コンポーネントは16枚のカードのみ


一瞬でケリが着く超お手軽なカードゲームです。


カードには数字が付いていて、基本的には
より大きい数字のカードを最後に持っていたプレイヤーが勝ちなのだが・・


最弱の「兵士」


枚数は1番多くて、5枚入ってます。


次に強い「道化」




「騎士」 強さは3





「魔術師」あたりは、かなり強い部類




魔術師より強いカードは3枚しかありません


最強は「姫」


カードにテキストで書かれている通り、それぞれ特殊能力を持っています。


手札は1枚ずつで、手番では山札から1枚引いてどちらかを場に出します。


それで、出したカードの特殊効果が発揮されるのだが

兵士 他のプレイヤーを1人指名して、持っているカードを言い当てたら
そのプレイヤーをゲームから脱落させることができる。
※ただし、「兵士」を指定することはできない
道化 他のプレイヤーを1人指名して、そのプレイヤーのカードの内容を
秘密裏に覗き見ることができる。
騎士 他のプレイヤーを1人指名して、そのプレイヤーの手札と
場に出さなかった方のカードを秘密裏に比較して、数字の大きさで負けた方がゲームから脱落する。
魔術師 他のプレイヤーを1人指名して、そのプレイヤーの手札を山札と交換させることができる。
将軍 他のプレイヤーを1人指名して、そのプレイヤーと手札の交換をする。
大臣 手札に残したカードが魔術師以上の強さのカードの場合はゲームから脱落する。
ゲームから脱落する。
とまあこんな感じになっていて、兵士は数字は最弱なんだけれど特殊効果は最強。 逆に、姫は最強なんだけどプレイしてしまうと無条件で負けになってしまう。 山札が無くなったら、全プレイヤーの手札を公開してより数字が大きいカードを持っているプレイヤーの勝ち。 (もちろん、脱落したプレイヤー以外で)
プレイ記

イズナさん、ツエツキさん、フォルテさん、俺の4人プレイ


道化ねぇ・・


兵士を引いてきた


道化で覗き見して、兵士で刺してしまおうw


俺「イズナさん、見せてください」



道化だ。。

俺にカードを見られているイズナさんは、もちろん道化をプレイする



イズナさん「たっくんさん見せてください」


俺も見られている兵士はさっさとプレイしてしまう。

俺「イズナさんが持っているのは兵士ですね」

イズナさん「あ、兵士で兵士は指定できないんですよ」

イズナさん「同胞同士は仲良くやりましょうみたいな感じですかねw」

俺「なるほど・・」


しかし俺の勘違いはまだ続いていて、この手札から


騎士をプレイしてしまう^^;

いや、騎士の強さで勝負するのかと思ってしまっていて・・


ええ、負けでした。兵士では勝てません(笑


姫を残していたツエツキさんの勝ちでした。



評価・・・

超・短時間の盛り上がり系パーティゲーですね。

悪くないと思うんだけれど、もうちょい思考性が欲しいかな。
兵士で当てにいくにしてもちょっと読みの手掛かりが少な過ぎるような・・
できれば読みとかブラフとか、そういう要素も楽しみたい、とは思った。

あと、脱落してしまうと意外と暇を持て余すかも。

ま、そういうのは抜きにして、皆でワーッと盛り上がるゲームとしては
こんな感じでいいのかな?

そういう系統の良さは十分持ってると思うし
楽しかったので、とりあえずBにしとく。


2012/11/20


JohnnyBet



レビュー一覧へ


たっくんのボードゲーム日記