たっくんのボードゲーム日記

No.140
ゲシェンク
Geschenkt

プレイ人数:3 - 5
プレイ時間:約20

ルール難易度
簡単!
日本語化
不要




非常に簡単なカードゲームなのだが、こんなチップが入っていて



1人、11枚ずつ持ちます。


そしてカード。3~35までの数字が書かれています。




このカードを山から1枚めくって場にオープンにします。



で、このカードを引き取るとそのカードの数字がそのままマイナス点になる。

なのでこのカードを引き取ればマイナス20点。


マイナス点とあっては、できれば引き取りたくないので



さっきのチップを1枚場に置くことでスルーできる


だれも引き取り手がいないと、どんどんチップが溜っていく




カードを引き取ることにしたら、場に出ているチップも一緒にもらえる。



もちろん、このチップは再利用できる。


全てのカードが引き取られたらゲーム終了で
マイナス点(カードの合計点)が最も少ない人の勝ちなのであるが・・


引き取ったカードが、連番になっている場合は
そのうち、最も小さい数字のみがマイナス点になる



つまりこの場合、10、11、12とあるのでこれはマイナス10点
それと20のカードがあるので合計マイナス30点となる。


さて、カードは3~35まで1枚ずつ存在するのだが
最初にシャッフルした後、9枚ランダムで抜くのである。

つまり、どの数字が抜け番になっているか
開けてみないと分からないようになっている。





Gimmler, Thorsten
プレイ記



父、母、妹、相棒と俺で5人プレイ

さて、最初のカード。



うーん、いきなり34はキツイ。。

相棒「チップ」

俺「チップ」

・・・


たっぷりチップが溜まる。。そろそろ引き取り時かぁ?




父「じゃ、俺引き取る」



-34とともに大量のチップを獲得した父。

まあいいだろう


次は、、28

これもキツイなぁ

チップが山盛りになっていく


母「じゃあ私、引き取るわ」



こちらもこちらで大量のチップを獲得・・


次は、、



なんだこれは、でかい数字のカードが固まってんなー

次々とチップを放出



俺の残りチップ



ヤバし・・


次、26が出る

母「これ、私引き取ってもいいの?」



相棒「お母さん28を持ってるので、このあと27を引き取れればマイナス26点で済みますよ」

俺「最初に抜いた9枚の中に27があったかもしれないけどね」

母「じゃ、いいわ。引き取る」

母「26、28、30ね」




しかし、その次なんと




相棒と俺は引き取りたくないので手番は母に・・

母「もちろん引き取るわ^^」


くぅ~。。

俺、チップ残り1枚


さすがにチップが限界なので、でかいマイナスカードだが
ここはチップを回収しにいく。



ほとんど俺と同じようなことをしていた相棒は、引き取りそびれてチップ0枚。


母「ちょっと見て、揃ったわよ」



なぬ~!!なんと26~30まで揃ってしまった

こんだけ引き取ってるのにー26点で済んでしまっている。

しかも手元には大量のチップ

母「すごーい。ちょっとこれ写真に撮って残しておいてー」


■結果

俺



相棒




母「私、チップ入れたらー4点だわ」

ダントツ^^;  でした



評価・・・

ルールは超簡単。5分説明したらすぐに遊べる。
プレイ時間も短いし、とてもお手軽。
総じてお手軽なカードゲーム類の中でも特に手軽と言える。
カード枚数も少ないし(30枚くらい)。

一応8歳~って書いてあるけど、2桁の数字が分かれば参加可能だと思う。
足し算は分からなければ大人がやってあげればいい。
手札がないゲームなのでアドバイスとかもしてあげやすいのもいいところ。
あまりいやらしい要素も無いので、なごやかに楽しめる。

引き取るか、スルーするかの単純な2択の中に
ちゃんと考えどころやジレンマがあって面白い。

ランダムに9枚抜くというのも程よい運要素をもたらしてて良い感じだ。

チップが無くなってしまうと、強制的に引き取らなければならなくなり
そういうところで足下を見られたり

他のプレイヤーが取ったカードを見て、自分の取るカードを決めたり。

ルールとコンポーネントのシンプルさの割には
いつ、どのカードを引き取るか、意外と深いものを感じる。

ただ、システム的には少人数でもプレイ可能ではあるのだけれど
これは明らかに多人数パーティ向き。できれば4人くらい欲しい。

その割には、若干だが盛り上がり要素に欠けるかなといったところはある。
そのへんが少々ちぐはぐな気がして残念ではあるのだが

でも総合的に見れば、この簡単、手軽さでこの面白さは十分だと思う。
プレイアビリティも高いし、重めのゲームの合間とかでやるにはピッタリだ。

ファミリー向けのゲームとしてもとても優れていると思う。
記憶力も必要ないので、年配の人向けにもいいかもしれない。

なかなかの良作。


JohnnyBet



レビュー一覧へ


たっくんのボードゲーム日記