たっくんのボードゲーム日記

No.33
あやつり人形
Citadels

プレイ人数:2 - 7
プレイ時間:約40

ルール難易度 普通、特に難しい点は無い
日本語化 必須です




各プレイヤーは1つずつ職業を秘密裏に選択します(2~3人プレイの場合は2つ)。
各職業には特殊能力があり、その能力を駆使して
他のプレイヤーの妨害をしたり、お金(ゴールド)を手に入れたりしながら
手に入れたゴールドで建物を建てます。

建物には価値(勝利点)があり、値段の高い建物ほど勝利点も高くなっています。
誰かが8個建てたらゲーム終了。勝利点の最も高いプレイヤーの勝ちです。


これが8つの職業カード。



プレイ人数によって取り方が変わってくるのだが
基本的に他のプレイヤーには分からないように1枚(※2~3人のときは2枚)選択します。

各職業カードには左上に番号が振られていて、この数字順に手番が回ってきます。

1.暗殺者 他の職業を1つ指定して行動不能にします。
指定された職業のプレイヤーは手番で何もすることができません。
2.盗賊 他の職業を1つ指定して、指定した職業のプレイヤーからゴールドを全て奪います。
3.奇術師 他のプレイヤーを1人指名して手持ちの建物カードを全て交換できます。
デッキと交換することもできます。
4.王様 自分が建てている建物のうち、黄色の丸印がついた建物1つにつき1ゴールド受け取ります。
また次ラウンドで最初に職業選択することができます。
5.司教 自分が建てている建物のうち、青色の丸印がついた建物1つにつき1ゴールド受け取ります。
また将軍による建物破壊を防ぎます。
6.商人 自分が建てている建物のうち、緑色の丸印がついた建物1つにつき1ゴールド受け取ります。
また、追加でさらに1ゴールド受け取れます。
7.建築家 デッキから建物カードを2枚引けます。
さらに1回の手番で3つまで建物を建てることができます。
8.将軍 自分が建てている建物のうち、赤色の丸印がついた建物1つにつき1ゴールド受け取ります。
また、場にある建物のうち1枚を選んで破壊できます。※要コスト(建物の値段-1)
これが建物カード、カードの左上のゴールドの数が建設コストであり同時に勝利点。 色の付いた丸印は建物を建てていると、選んだ職業によってゴールドを受け取れます。 紫色の印の建物には、特殊効果がカードに書かれています。 ゴールドコインと王冠コマ ■ゲームの流れ 1.職業の選択 プレイ人数によって若干やり方が異なりますが、1人ずつ他のプレイヤーに知られないように 職業カードを選択していきます。 2.各プレイヤーのターン 王冠コマを持っているプレイヤーが順番に「1.暗殺者」というように職業をコールしていきます。 コールされた職業を持っているプレイヤーは名乗り出てターンを行います。 3.アクションの実行 ターンが回ってきたプレイヤーは次のうちどちらかを選択します。 ①銀行から2ゴールド受け取る ②建物カードのデッキから2枚引いて、1枚をデッキの底に戻す 4.建物の建設 手持ちの建物カードと必要なゴールドを出して建設します。 ゴールドは銀行へ、カードは自分の前に表向きに並べます。 ★特殊能力★ プレイヤーは手番中、いつでもその職業の特殊能力を使用できます。 ■ゲームの終了 誰かが8番目の建物を建設したら、そのラウンドでゲーム終了。 勝利点を計算します。 1.建てている建物の価格(勝利点)の合計 2.5色の建物を全て建てているプレイヤーは+3ポイント 3.最初に8個目の建物を建てたプレイヤーは+4ポイント 4.2番目以降に8個目の建物を建てたプレイヤーは+2ポイント もっとも勝利点の高いプレイヤーの勝ちです。
Faidutti, Bruno
プレイ記



相棒&息子と対戦。。





さて、第1ラウンド。とりあえずお金が欲しいので
手っ取り早いところで、商人と、盗賊で盗むことにする^^;




暗殺されないように、暗殺者は中央に伏せてある。。


盗みまくったお金で緑(商人)の建物を建てまくる。





で、順当に商人を選んでお金を稼ぐぞ。
建物カードが少なくなってきたので、これも手っ取り早いところで
奇術師を使って相棒の手札を、まるっといただくことにする^^;




相棒から回ってきた残りのカードの中に暗殺者がいないのが気になるが・・・


俺「では、1番、暗殺者さん。行動してくださーい」

相棒「はーい、商人暗殺しまーす」

げ・・・


相棒「だって、そんなにいっぱい緑の建物建ててるし、
   商人いなくなってたし。バレバレだよ」

うぅ・・・


まぁいいか、気を取り直して奇術師で建物カードを相棒からゲットする。


主に盗賊と奇術師で盗んだお金とカードで建てた俺の建物たち。



あと、1つで建物8個だ。

相棒「将軍で、この桟橋ぶっこわす」

俺「ほげ。。」


次ラウンド、王様カードを取った相棒から職業選択。
俺にまわってきた、残りの6枚。



う、暗殺者と王様がいない・・・やな感じ
たぶん、暗殺者を取って、王様は俺が黄色の建物
いっぱい持ってるから伏せたんだろうな。


相棒、お金をいっぱい持ってるので、やはりここは盗賊の出番かな(笑

盗賊を選択・・


相棒「将軍、暗殺しまーす」

俺「将軍持ってないよ、ハズレ(笑」

相棒「うーん、まぁいいか」

相棒「じゃ、これでお金全部使って建てます」

俺「あ。。」

盗もうと思ってたお金・・・

まぁいいか

俺「じゃぁ盗賊だけど、なにも盗めません・・」

俺「なんだけど、建物1個建てて終わり」

相棒「あー、建物建てられるんだよねー、忘れてた。盗賊暗殺しとけばよかったぁ」

相棒「で、奇術師でまるっとカードもらって・・」


最初に盗賊で盗みまくったのが効いたかな、俺の勝ち^^





評価・・・

※評価の基準についてはこちら

ちょっとプレイしただけなので暫定的な評価になるけど、まあまあ良かった。
軽すぎず重すぎず、ちょうどいい重さのプレイ感。

ルールはカードゲームとしては、若干複雑な部類かな。

最初は、どう戦略を立てたらいいのか分からなくて戸惑ったが
やってるうちにだんだん分かってきた感じだ。
相手が選択した職業は何か、それを推理しながら
じゃあ、それに対してこっちはどうするか、けっこうガチなバトルになった。

この職業選択がこのゲームのすべてと言ってもいいくらいで
それ以外の要素は、おまけ的な雰囲気。
まぁ、価値の高い建物を建てるのはそれなりに楽しかったけど。
ちょっと複雑なじゃんけんをやっているような感覚だった。
割に選択肢は単純なので、それほど深く悩む部分はなかった。

3人、4人でプレイしたらどうなるのか、やってみたいところではあるが。
2人だと一度リードを許したら逆転が難しいかなぁ、2回目やったらボロボロに負けた。


ただ日本語版を買ったのだがカードのデザインは、個人的には×。
もうちょっと落ち着いた感じにして欲しかった。。

それにしても、ゲームの内容とタイトル名がマッチしてないような気がする。


JohnnyBet



レビュー一覧へ


たっくんのボードゲーム日記