たっくんのボードゲーム日記

No.556
タイムボム
TIME Bomb

プレイ人数:2 - 8
プレイ時間:約15

ルール難易度 簡単!
日本語化 言語依存は一応あるけれど、ほぼフレーバーかな


役割カードです。時空警察、ボマー、スパイの3種類があります。



1枚ずつ配って、、



他のプレイヤーに分からないように隠し持ちます。




爆弾の導線カード。

1本(1枚)ずつ、ニッパーで切っていく(めくる)のですが・・


警察のプレイヤーは爆弾の解除、ボマーのプレイヤーは逆に爆発させることができたら勝利です。
スパイは、解除も爆発しないままタイムアップさせることができたら勝ちになります。

「しーん...」は、切っても(めくっても)何も起きません。

使用する役割カードと導線カードの枚数はプレイ人数によって異なります。
爆発(BOOM)は常に1枚、解除カードはプレイ人数と同じ枚数使います。



導線カードはシャッフルして5枚ずつ配ります。



確認したら、伏せて自分の前に置きますが、、良くシャッフルしてから置きます。



手番プレイヤーは、導線カードを1枚選んでニッパーを置きます。
ただし、自分の前の導線カードには置けません。


この時に「爆発カード持ってるから自分のはめくるな」とか「解除カード持ってる人?」とか自由に会話ができます。
もちろん、ウソつくことも可。

誰が警察なのか、あるいはボマー軍団なのか・・・

ニッパーを置いた導線カードをめくります。
次は、めくられた導線カードの持ち主が手番プレイヤーになって、同様にだれかの導線カードを切っていきます。


ニッパーを置いて


めくる。



解除カードだった場合は、解除チップをめくります。


4人プレイなら4回解除できたら警察チームの勝ちです。

プレイ人数と同じ回数(4人プレイなら4回)、導線を切ったら1ラウンド終了。



めくられなかった導線カードを、カードを伏せたまま集めて良くシャッフルして配ります。


なので、2ラウンド目は4枚ずつ(最初のラウンドより1枚少ない)になる。





4ラウンド終了したら(導線カードが1枚ずつになったら)タイムアップ。

タイムアップする前に、解除チップを全部めくれたら警察の勝ち。
爆発(BOOM)がめくられたらボマーの勝ち。
タイムアップしたら、スパイの勝ちです。

ただ、、役割カードはプレイ人数より多いので1枚しかないスパイは居ないこともあって、その場合はタイムアップしたらボマーの勝ちです。






評価・・・

※評価の基準についてはこちら

お邪魔者ワルモノ2レジスタンス あたりを思い出しますね。
カードにはフレーバーテキストが色々書いてあったりするけど、ルールは一切無駄が無くてとても洗練されている。

マメじゃないよみたいな感じで、手番プレイヤーに選んでもらえると自分に手番が来るので、プレイ人数が多めでもあまり暇を持て余さない感じ。
そういえば、髑髏と薔薇なんかも誰の手番であっても、自分のをめくられるかどうか、手番プレイヤーに対するアピール合戦みたいなのがあったなぁ。
こういう感覚が多人数プレイで自分以外のプレイヤーの手番のときプレイヤーを退屈させないシステムの1つなのかなと思った。

それでいて、少人数プレイでも問題なく楽しめるように出来ているのは秀逸。

スパイを入れた場合、プレイ人数によってはボマーの方が多数派になるケースもあるし、そもそも正体を見破ることが勝利条件では無いのでゲームの途中で役割がバレてもゲーム自体が破綻するようなことが無い。
ルールやセットアップの簡易さもあって人狼系のゲームとしては、かなり気楽に楽しめる部類だと思う。

導線カードは1ラウンド終了してしまえばシャッフルされるので、嘘をついた証拠が後々のラウンドに残るようなことも無いのでそういう部分でも気楽。
それにボマー引いてもウソ必須というわけでも無いし。

人狼が苦手な人にもオススメしやすいゲーム。

その反面、読みの手がかりが少ないとも言えるので、推理を積み重ねて楽しみたい人には向かないのかも。

そういう人向けには、ラウンドごとのカードシャッフルを無しにすればいいのかな?

2018/04/01


JohnnyBet



レビュー一覧へ


たっくんのボードゲーム日記