たっくんのボードゲーム日記

No. -
ラビリンス
Labyrinth

プレイ人数:1 - 4
プレイ時間:約0

ルール難易度
簡単な部類に入る
日本語化
不要





ボード全景。1マスおきに迷路タイルが固定(貼り付けられている)されています。



そしてフリーの迷路タイルが34枚



ボードにタイルを埋めていくと1枚余ります。




ボードの4隅にプレイヤーのコマを置きます
次に、宝物カードを全員に配り切ります。 要するに、各自指定された宝物の場所にゲットしに行くのである。 で、配られたカードの宝をすべて取ったら、スタート地点に戻ります。 1番最初に戻ることができたプレイヤーの勝ち。 配られたカードは自分の前に山にして、一番上のカードを秘密裏に確認します。 このカードの宝をゲットしに行きます。 手番では、まず余っている1枚の迷路タイルをボードの好きな場所に押し込みます。 (もちろん、ボードに固定されているタイルの場所は押し込めない) そうすると迷宮の形が変わって、反対側からタイルが押し出される。 次に、自分のコマを動かします。(通路がつながっている限り、どこまででも行ける) 目的の宝物の場所に着いたら、カードを公開して自分の前に置きます。 手元のカードをすべてゲットしたら、最後にスタート地点に戻ってゲーム終了。
Kobbert, Max J

レビュー一覧へ


たっくんのボードゲーム日記