たっくんのボードゲーム日記

No.418
カルカソンヌ追加キット1
Wirtshäuser und Kathedralen

プレイ人数:0
プレイ時間:約0

ルール難易度
普通、特に難しい点は無い
日本語化
不要




カルカソンヌにはたくさんの拡張セットが出ているのだが、その記念すべき?第1弾。


まず、この拡張セットには「大きいミープル」が入っています



コイツは、街や道の乗っ取りあいになったとき、普通のミープル2人分のパワーを発揮します。


たとえば、この赤プレイヤーの街を乗っ取ろうと思ったら



2つ以上のミープルを送り込む必要があったわけだが・・


大きいミープルなら、これ1つで2つ分なので




あっという間に乗っ取ることができる



得点が2倍になったりするわけではなく、あくまで
乗っ取りあいになったときにのみ、威力を発揮します。



次に「大聖堂タイル」



街は1タイルにつき2点だったのだが・・


大聖堂が含まれている街は、1枚3点にパワーアップします!



なのでこの街は9×3点=27点!

大聖堂タイルは4辺とも街なので、必然的に大きな街になりやすく
さらに1枚3点になるので、かなり大きな得点源になります。

ただしゲーム終了時、未完成に終わった大聖堂を含む街は0点

リターンが大きい分、リスクも大きい。


最後に「宿屋つきの道」



宿屋が付いている道は、やはり得点がアップして1枚2点になります。


たとえばこの道は、3タイルなので通常3点だが



宿屋が付いているので、倍の6点になる。


道が突如として街と同等の価値を持つので、
街だけでなく、長い道でも熱いバトルになります。






評価・・・

この拡張セットは非常に良く出来てると思う。微妙に6人プレイにも対応しているのだが
基本的にカルカソンヌは少人数向きだと思うので、あまり出番は無いんだけど。。

なんと言っても大きいミープルの存在と大聖堂が面白い。

この2つの要素の相乗効果で、大きな得点の街を乗っ取り合いになるので
ゲームがより盛り上がりやすくなる。

この拡張セットを加えることで、タイルの枚数自体も増えて
より大きな地図になり、満足感というか夢(というとちょっと言いすぎかなw)
があっていい感じ。

これだけ強力な効果を発揮する追加要素でありながら、ゲームバランスは
まったく崩れていないところが素晴らしい。

基本セットが面白かったら、是非この拡張は手にとってみて欲しい。


JohnnyBet



レビュー一覧へ


たっくんのボードゲーム日記