たっくんのボードゲーム日記

No.35
アクアレット
Aquaretto

プレイ人数:2 - 5
プレイ時間:約20

ルール難易度
普通、特に難しい点は無い
日本語化
不要





基本的にはコロレットと同じである。
いくつかルールが増えて若干複雑になったがやはりコロレットはコロレット。

ただし、カードではなくタイルを使う。




コロレットと同じように、同じ種類の動物を集める。
で4種類以上はマイナスになってしまう。


手番では動物タイルをめくって並べるか




列を取っていったんゲームから抜けるかを選択する。



この辺はまったく同じ。

アクアレットでは、木製の列トラックの上にタイルを並べていく。


で、ここからが違うところ。取ったタイルは自分の動物園ボードに並べる。




こんな感じ。同じ動物はくっつくように、違う動物同士はくっつかないように並べる。




3種類以上は置けないので、置ききれない動物タイルは
右下のプールボードの上に置いておく。



あとで、動物園に移動させたりすることもできるのだが
最終的にプールに残ってしまった動物タイルはマイナス点になってしまう。


動物タイルの中には、オスとメスのマークが付いているものがあって
つがいになると、赤ちゃん(写真右)が生まれます。




動物園は拡張することができます。



拡張するとより多く動物を置けるだけでなく
4種類、5種類置けるようになったりする。


さて、手番でできることは

1.タイルをめくって列に追加する
2.列を取っていったんゲームから抜ける

の2つ以外に、もう1つある。

3.お金を使って動物を移動・購入したり動物園を拡張する


これがお金。タイルのお金もあり、コマのお金と同じように使える。



お金タイルは動物タイルと同じように、列から取得する。
コマの方は動物園に置かれた、ある1種類の動物が
3の倍数(3,6,9,12)になったとき、1ずつもらえる。
例えば、イルカを3頭、動物園に配置したら1、6頭配置したらまた1もらえる。
その後、ペンギンを3羽配置したらまた1、といった具合。


費用 お金を使ってできること
プールの一番上に置かれた動物を、動物園へ移動する。
他のプレイヤーのプールの一番上に置かれた動物を、自分の動物園へ移動(購入)する。
費用2のうち、1を購入元のプレイヤーへ支払う。
動物園を3マス拡張する。
動物園を4マス拡張する。※置ける動物が1種類増える
従業員(※後述)を移動する
★従業員★ お金は動物が3の倍数になったときもらえるということだったが 5の倍数(5,10)になったときは従業員を1人配置することができる。 従業員は、それぞれ追加のボーナス勝利点をもたらします。 従業員を配置できる場所は4箇所。
配置場所 効果
切符売り ゲーム終了時、持っているお金1つにつき1勝利点。最大2人まで置ける
飼育員 ゲーム終了時、魚マークが付いた動物タイル1つにつき1勝利点。最大2人まで置ける
調教師 周囲8マスに置かれた、イルカ、シャチ、アシカのタイル1つにつき1勝利点。
※ただし、カミナリマークが描かれた動物タイルは対象外
マネージャー プールに置かれた動物1種類につき、マイナスされる勝利点を1に軽減。
※マネージャーがいない場合は1種類につきマイナス2点。
■得点計算■ 動物園に置かれた動物タイル1枚につき1点。 プールに置かれた動物は1種類ごとにマイナスします。 最後に、従業員のボーナス点を足します。 勝利点が同じになった場合は、持っているお金で勝敗を決めます。
Schacht, Michael
プレイ記




今日も相棒&息子と対戦



コロレットをやっていたので、ゲームの導入は比較的スムーズにできた。
ちなみにこれは3戦目。俺はここまで2連敗している・・・

序盤、列トラックの状況



相棒「じゃ私、真ん中のトラックもらう」

となると残るは上と下のだが、、もう1枚めくってみるか。そりゃ!

俺「お、シャチ♀だ」




んー、なかなかいい滑り出し、かな?


相棒「ペンギンの子供生まれました~」



相棒「3匹揃ったので、お金も1つゲット」



その後、俺はシャチをメインにゲットしていく。



俺「調教師も置いて、これでプラス5点」


相棒「シロクマも子供生まれた!」



ほぉ~・・


そろそろお金が欲しいので、これで確保。




その後、もらったお金で動物園を拡張。
イルカ♂(右端)を飼い始める。




列トラックは、お、イルカのメスがいるじゃないの。



これで子供が生まれるぞ^^


あ!子供置けない!
・・しょうがない、プール(右下)にとりあえず置いておくか。




やべえ、今度はアシカが置けねぇ。。これが大失敗。
さっきプールに置いたイルカの子供を先に戻しとくんだったなぁ。




相棒の方は・・、うまいこと置いてるなぁ。。




32対16。またしても大負け(TT



評価・・・

2人で1ゲーム20分ちょっと。
コロレットと同じか、毛の生えた程度のホントに軽いプレイ感。
ルールが増えた分、ややこしくなったかなぁと思ってたのだがそんなことは無かった。
コロレットをやったことがあればそんなにルール説明には手間取らない。

動物の配置はパズルチックな要素もあり、どの列に動物を置くか
いつ取るかというコロレットで培われたジレンマは健在だ。

コロレットの良さを殺すことなく、これはなかなかGoodな味付けではなかろうか。

動物園の拡張方法もちょっと考える必要があり
タイルの配置の仕方や従業員(特に調教師)の配置にも
同時に気を回さなきゃならんのでけっこう悩ましい。

せっかく子供が生まれたのに、プール行きになってしまったときはちょっと泣けてきた。

相棒はほとんどプールに動物を置かなかったので、動物の購入は
やるタイミングがほとんど無かったのだが、おそらくもうすこし
多人数になればこの辺の使いどころも変わってくるのだろうと思う。

ちなみに木製のトラックはなかなかいい雰囲気で好きだ。


どうでもいいことだが、従業員コマはカルカソンヌの部下コマにそっくりだ。
色塗ってないだけで。


JohnnyBet



レビュー一覧へ


たっくんのボードゲーム日記